援助交際をする場合は慎重に行動しよう

IF3FuuAlk援助交際をする時は普段より財布にたくさんお金を入れていくという男性が多いでしょう。

援助交際の報酬金額とホテル代と、もし一緒に食事をする事になったらその食事代も支払うかもしれないと考えるとATMでお金をおろして少し多めに余裕を持っておこうと考えますよね。

しかしそれは注意が必要です。

なぜかというと援助交際では少女は援助交際をする男性なんて最低、社会的に抹殺されたらいいのに・・・・・なんて気持ちをもっている子もいるのです。

男性からすれば少女だって援助交際を望んでいるのであればお金を払ってくれる存在の男性はいわばいいお客さんなんじゃないの?と思うかもしれませんが、好かれるどころか嫌われてしまっています。

そして援助交際をする犯罪者に対してこっちが犯罪行為をしてもそれは正義であると思ってしまうのです。

つまり悪人からならお金を盗んでも構わないだろうというわけです。

そうゆう女性は最初からセックスをするつもりは全くないのです。相手がシャワーに入っている間に財布からお金を盗もうと考えています。

そのため男性はラブホでシャワーを浴びる時には前戯の一環として一緒にシャワーを浴びるようにしたり、または鞄を部屋に置きっぱなしにしないで財布はズボンのポケットに入れておくなど警戒しましょう。

3tX0hRJNそして財布の中身も現金だけ、ギリギリの金額を入れておきましょう。

ここでカードや運転免許など個人が特定されるものは所持しないようにしてください。

個人情報を相手に知られてしまい、脅しの材料にされる事も援助交際ではよくある事です。

出来れば携帯電話も中身が見られないようにしっかりロックをかけておきましょう。

何もしていない段階で相手を疑うなんてと思う人もいるかもしれませんが、何かされてからでは遅いのです。

相手は少し前に知り合ったばかりのどんな相手なのか全く知らない相手ですから信用しろという方が無理な話ですよね。

それに援助交際が犯罪だという事は事実ですから、犯罪者として用心する事も多少は必要です。

一方で相手が犯罪行為を仕掛けてきたら犯罪者であると同時に被害者にもなりうるのですから全く変な関係なのですが、警戒しておいて損する事はないはずです。

そもそも当たり前ですが援助交際をしている最中に何かトラブルが発生しても医者の世話にはなれないし、警察の世話にももちろんなれません。

そんな事をすれば援助交際をしている事を自分の口から暴露してしまう事になります。

何が起きても助けを求める事が出来ないわけですから、何も起きないように慎重に行動しなければいけない理由は理解できますよね。